2019.09.02

技術+接客×ブランディング

技術+接客×ブランディング

自分の美容院の売り上げがアップして、お客様が安定して増えていくにはどうしら良いかということを、毎晩考えていました。
そして、私がたどり着いた答えが「ブランディング」でした。

「ブランディング」とは、独自の価値を提供して信頼を得る、という意味です。

ブランディングに力を入れると言っても、技術や接客をおろそかにするという意味ではなく、バランスとしては、技術・接客・ブランディングを3対3対4、または2.5対2.5対5でも良いと思っています。ブランディングによって、「この人にカットしてほしい」と思わせることが重要で、ブランディングができていれば単価を高くできますから、値引きクーポンなどを配って安売りしないで済むのです。競争力が出て他店よりも高い価格設定が可能となりますし、全体的に有利にビジネスができるようになります。

私の場合は、「頭皮」でブランディングをしたわけですが、頭皮の改善がリピーターを生むという答えにも繋がりました。詳細につきましては本「美容師1人で年商1億円」をご覧ください。

「ブランディング」とは自分の武器を作ることであり、他店との大きな差別化をすることに他なりません。

クリックでナビゲーションを閉じます。
メニュー
トップへ戻る