西川高弘 美容室について No.4

30歳の時に美容師をやめる事を決断したのですが、今でもその美容室は
商品の発送やコールセンターとして使っています。

いろんな商品の在庫を置いたり、そこから商品を発送して対応しています。
特にメインの商品は『Dr.TOUHI(ドクタートウヒ)』です。
多い時は1日100件ほど発送しています。

昔は1日1つこれば喜んでたのですが、今ではこれほどの数の注文がくるようになりました。
少しでもお客様に喜んでいただけるように、いろいろと試行錯誤しながら商品を発送してくれています。
お店のスタッフとして働いてる方達ももの凄くやる気満々で、安心して仕事を任せることができます。

Dr.TOUHI(ドクタートウヒ)』はこの美容室の中で生まれました。
なのでその中から商品を発送するほうが上手くいくのではないかと思い
今でも続けています 。

自分で美容室をやっていなかったら商品も作っていなかったと思います。
ましてやネットもやってなかったと。

これからもいろんなことにチャレンジしていけるように皆で頑張っていこうと思います。

 

西川高弘が開発した頭皮ケア商品
西川高弘が開発した『ドクタートウヒ』シリーズ

西川高弘 美容室について No.3

今回は美容室DIAをオープンさせた初日のお話をします。

初日のオープンはお店につくといろんな方からのお花がお店に届いていました。
ついにこの日がやってきたんだと思い、気合いを入れて接客しました。
といっても知ってる方達ばかりで、明日からはどうなるんだろう?と
少し不安な気持ちがありました。

お客様一人一人が、お店のオープンを自分のことのように喜んでくれたのを覚えています。
あんなに幸せな気持ちで毎日仕事ができればどれほどいいか!
と今でも思います。

自分のお店とはいえまだ慣れておらず、自分のお店ではないんじゃ無いかと思うほど
やりづらくストレスがたまる初日でした。

今思うとあの日からいろんなことが始まったんだなと、
スタートをきる大切さを改めて感じます。

過去を振り返ると大変な毎日だったなと、よく頑張ったなと
自分で思う部分があります。

美容室DIAをオープンさせた初日の気持ちを忘れずに明日から毎日仕事に取りかかれるように、初日の自分に負けないように頑張っていこうと思えます。

西川高弘 美容室について No.2

今回はネーミングについてお書きします。

美容室をオープンした時のお店の名前は『美容室DIA(ダイア)』。
そして今の会社の名前もその時の名前をつかっています。

そんなに大した話はないのですが、短い名前で分かりやすい名前、清潔感がありそうなイメージでダイアにしました。

よくダイアモンドのダイア?と聞かれますがそんなに格好のいいものではありません。
でもあまりに言われるのでダイアモンドのダイアでもいいなと最近思います。

私の場合、考えて決めることよりも突然決めるようなケースが多く、自社シャンプーなどの名前である『Dr.TOUHI(ドクタートウヒ)』も突然決めました。

どちらも今でも気に入っていますが
ネーミングのセンスは大事な部分ですね。

ネーミングで 思いだしましたが今年もう1つ会社をつくります。

その会社の名前は広告王です。

この名前は僕の友人でもあり、仕事のパートナーでもある方がつけました。
モナ王
海賊王
バイク王

何かと王がついてます。
広告に王がある会社が無かったのでそれに決定しました。
『広告王』、この名前を聞いた時はいい!と即答でした。

僕の親友で自慢の友人です。
またいつか紹介させていただきます。

 

Dr.TOUHIシリーズ
西川高弘が開発した『Dr.TOUHI(ドクタートウヒ)』シリーズ

西川高弘 美容室について No.1

西川高弘は25歳の時に美容室DIAを開業しました。

美容師の見習いとして8年間働き、自分の美容室をオープンさせることを目標に頑張ってきました。

私は美容室を若くして開業した当時を今でも鮮明に覚えています。
周りから見れば上手くいき過ぎて悩みなんて1つもないように見られていたと思います。
嬉しい気持ちと周りからの期待。そして少しの不安。
その頃美容室の開業資金のほとんどが銀行からの借り入れでした。

それでもやってみたいと思う気持ちが強く借金をして開業しました。
完成した時の美容室はその頃の私にはもったいないぐらいの美容室でした。

人はやったことではなく、やらなかったことに対して後悔します。
その時の勇気がなければ今の私は確実にありません。

私は自分のお店で働いていた時は毎日幸せをかみ締めて生きる日々でした。

少しばかり悩んだりクヨクヨとする時期もありました。
従業員と上手くいかなかったり、気持ちを分かってあげられない時もありました。

志高く入ってきた従業員が美容師をやめて他の仕事に転職することもあったりしました。
その時はなぜ?と思い理解する気持ちが持てずにいました。

従業員を雇って自分自身に後悔してきたことが今までたくさんあります。
あの時に私がもっとしっかりしていたら、その従業員も頑張れたんじゃないかと思ったり、その従業員のカラーをもっと大事にしてあげれていたのならば…と今でも思うことがあります。
今日言い争いをした人と、明日必ず会えるという保証は何処にもありません。
あの時のことを振り返って考えると、お互いがお互いの事を理解してほしいだけ…
そのことが今になって分かるような気がします。

あの時の私はお店とお客様の事でいっぱいいっぱいで、従業員のことをしっかり理解できませんでした。
自分の目標を達成するためにそれだけのために行動してきました。

私と一緒に働いた人がこの記事を読んでいたら是非もう一度一緒に働こう!
このように言いたいです。
そして何が何でも幸せになってほしいです。そのような人生を迎えられることを願っています。

 

西川高弘が開店した美容室DIA外観